アジリティー ラダートレーニングとは?運動神経の向上が爆発的な動きを可能にする

楽天市場 (広告)
楽天市場はインターネット通販が楽しめる総合ショッピングモール。
楽天ポイントがどんどん貯まる!使える!毎日お得なクーポンも。
あす楽利用で翌日にお届け。

フィジカルコーチをしている秋山拓実です。

フィットネスやスポーツ競技のパフォーマンス向上を目的にトレーニングされている方を応援しています。

今回はラダートレーニングのご紹介、素走りで直線を走るだけでなく、運動の神経がうまく筋肉につながるようトレーニングしていきます。

アジリティーラダー トレーニング

バランスや脚のスピード、全身の協調性、個別の課題を改善するのにも役立つ。

ラダーを使ったウォームアップでは、筋温を上げながら神経系の協調性を活性化することができる。

アジリティーラダートレーニング

自主練の時間にラダーの指導

課題のある動作を『素早く』『反復』することに意識を向けました。

スプリントトレーニングで参考にした書籍

岡崎慎司カラダ覚醒メソッド

Jリーグ選手のスプリントコーチとして携わる杉本龍勇さんの本です。

私はスプリントの専門家は陸上短距離選手だと思っています。

どの競技でも陸上部と交流を持ち、走り方を習うことができたら新しいヒントが沢山あると思います。

一流アスリートがこぞって実践する最強の走り方

プロ野球、サッカー、アメリカンフットボールのアスリート指導をしている秋本真吾さんの本です。

走り方を科学的にそして実践的に書いてあります。

「サッカーのフィジカルスタンダードを変える」を目論んだいるJ3いわきFCでもスプリントコーチとして活動されています。

天然芝でのスプリントとタータントラックでのスプリントでは地面反力の違いが大きいようです。

地面反力がスプリント強化のポイントかも。

スプリントトレーニングに有効なツール

スプリントトレーニングではラダーやミニハードル、マーカーを使い動作を学習させることができます。

対人するスポーツでは相手の動きに合わせたリアクション動作が基本になり、自分の動きやすい動き、自分の得意な歩幅で動けません。

マーカーやラダーなどの目印があることで、実践に近い動作になります。

また、目で見る他に自分の手の長さや足の長さ、ゴールまでの距離、対峙する相手との距離など空間認知機能をトレーニングすることも必要です。

是非、トレーニングツールを利用してみて下さい。



種目の特性に合わせてトレーニングを組むことが重要となり、さらには種目の中でもポジションやプレーの場面によっても動作が変化します。

スプリントトレーニングに特化した団体

日本ではSAQやスプリントを特異的に勉強できる団体日本SAQ協会

SAQトレーニングはスピード、アジリティー、クイックネスの頭文字に由来します。

S=スピード(前方への重心移動の速さ)
A=アジリティー(運動時に身体をコントロールする能力)
Q=クイックネス(刺激に反応し速く動き出す能力)

投稿者: フィジカルコーチ 秋山 拓実

フィジカルコーチがフィットネスとスポーツの情報を発信! 「日本が運動で活気づく!」を仕事にしています! 健康運動指導士/NSCA CSCS/産業心理カウンセラー

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。