【スピード トレーニング】パワーを高めるには筋収縮の速度がポイント

フィジカルトレーナー秋山拓実です。

日々、フィットネスやスポーツのパフォーマンス向上を目的にトレーニングされている方を応援しています。このサイトでは皆様のトレーニングの助けになるようスポーツパフォーマンス理論を発信しています。

今回は筋の収縮スピードを高めるスピードトレーニングの紹介です。

スピードトレーニング

体を大きくしただとかダイエットとかトレーニング目的は様々ですが、スポーツ選手からはパワーを上げたいという要望が多くあります。違う言葉でいうと「当たり負けない」だと思います。

パワーを求める公式

運動力学でパワーの強さを表す公式は【 パワー = 力 × 速度 】です。パワーを向上させるには筋力とその筋が収縮する速度が重要になります。

ベンチプレスで最大筋力が向上しても、動きが遅いとパワーが向上したとは言えません。

トレーニングのポイント

低重量を20秒間速く反復させます。この場合は20秒ですが、競技特性や競技の場面に合わせてタイム設定や回数の設定をします。

今回のバーベルの重さは25kgです。シャフトにパットをつけると衝撃を吸収し、怪我の予防にもなります。

30秒の休憩時間を作っていますが、競技特性に合わせた時間にすると良いと思います。

【スピードトレーニング】パワー向上の鍵は「速さ」にある!

撮影協力:相模原市中央区 えんどう整骨院×E training studio

投稿者: フィジカルコーチ 秋山 拓実

フィジカルコーチがフィットネスとスポーツの情報を発信! 「日本が運動で活気づく!」を仕事にしています! 健康運動指導士/NSCA CSCS/産業心理カウンセラー

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。