プリハビリテーション 練習前 カラダ準備 パフォーマンスを上げる

楽天市場 (広告)
楽天市場はインターネット通販が楽しめる総合ショッピングモール。
楽天ポイントがどんどん貯まる!使える!毎日お得なクーポンも。
あす楽利用で翌日にお届け。

フィジカルコーチをしている秋山拓実です。

日頃から健康運動や競技パフォーマンス向上を目的にトレーニングされている方を応援しています!

今回はコンディショニングを常に良くする方法として、「プリハブ」のすすめです。

サッカーの勝敗を分けるのは戦術や戦略であったり、選手選考であっり、個人の技術や、会場の環境、開始時間、天候など可変的要素が多いです。

それが勝負の面白さでもありますし、難しさでもあります。

試合に勝った!「我がチームのストライカーが決めた!」の裏には様々な事があります。

「我がチームのストライカーがシュートを外した!」も同じことがいえます。

勝因と敗因の原因は数え切れません。

そんな中でも勝ち星を多く積み上げられるチームがあります。

勝つ確率を高くする要因の一つはコンディションだと私は思っています。

これはフィジカルコーチとしての観点で、サッカー日本代表を応援しているサポーターは「監督の采配」を評価する傾向があったり、選手は自分のプレーの精度を評価する傾向にあると思います。

フィジカルコーチの役割をいただいている私としたら、コンディションが整っている状態が「勝ち」に手が届く大きな踏み台になっていると思います。

食事の栄養面や精神面、長期的なコンディション、短期的なコンディションの考え方もありますが、今回は超短気な試合前の肉体的コンディショニングについて「プリハビリテーション」をおすすめしていきます。

プリハビリテーションとは

プロのサッカー選手も試合開始の1時間前にはグランドでウォーミングアップを始めます。

筋温度を上げるようなジョギングや、ムーブメントプレパレーション(予行運動・動的ストレッチ)を行ったり。

高校サッカーのチームもおおむね1時間前だと思いますが、プロと違うのは試合会場で他のチームが試合を行っていた場合、サブグランドでアップすることです。

試合会場がプロも使う天然芝のスタジアムだった場合、基本的にコート内でのアップはできません。

ランニングシューズを履いてタータン(合成ゴム)でのアップになります。

これはアップ担当をするコーチ泣かせでもあります。

スタメンの選手は開始前にスパイクで少しボールを蹴れますが、控えのメンバーはスパイクでボールを蹴ることなく試合に入る事になります。

そんな事で可変的な要素が多いです。

そんな中でも良いコンディションになるよう、チームのウォーミングアップの前に個人で行うプリハブ(プリハビリテーション)が「勝ち」に手が届く大きな踏み台になると思っています。

プリハブリテーションの内容

アスファルトでのアップ

プリハブ「事前準備」

プリハビリテーションの(Pre)は事前・予行を意味し、ハビリテーション(habilis)は適した、ふさわしいを意味し、(Re)リハビリテーションと同じハビリテーションです。

私は「事前準備」と解釈してます。

パフォーマンスの向上、傷害の予防になります。

傷害は試合の途中で交代するような大きな傷害もあれば、パフォーマンスが下がるような傷害もあります。

アライメント・エラーや動作エラーによる慢性傷害の発生も予防できます。

〈プリハブの3つの構成〉

①軟部組織へのアプローチ

筋膜リリースで筋肉のハリや強張りの解消

筋膜リリース/フォームローラー
(amazonリンク)

ストレッチポール
(amazonリンク)

②静的なストレッチング

筋肉の張力を緩め、動きやすいアライメント(姿勢)をつくる 

静的ストレッチ

軽度の動的なストレッチング

動作の癖の解消と正常な関節可動域にする

ハムストリングス 脊柱の動的ストレッチ

参考動画

サッカー日本代表の試合前の準備動画です。
【Team Cam】2021.03.25 韓国戦の舞台裏に密着 3:00~

上手い選手はみんなやってる!!

プレハブ3分~

まとめ

戦うのは試合が始まったコート内だけど、どんな武器を装備して戦いに向かうかが勝敗をわけるカギになる。

それも1試合だけでなく、優勝するチームは…強豪といわれるチームはいつもやっていて、習慣づいてます。

そんな選手は上のカテゴリーで活躍できます。

今回おすすめした「プリハビリティー」(事前準備)を習慣にしてみてください。

調子の良し悪しの大きな波がなくなり、自分のカラダへ意識が向くようになります。

外部要因の勝負の前に内部要因の勝負に勝つことからスタートしましょう!

人気サッカースパイク 3選 (広告)

投稿者: フィジカルコーチ 秋山 拓実

フィジカルコーチがフィットネスとスポーツの情報を発信! 「日本が運動で活気づく!」を仕事にしています! 健康運動指導士/NSCA CSCS/産業心理カウンセラー

プリハビリテーション 練習前 カラダ準備 パフォーマンスを上げる」への1件のフィードバック

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。