休養についての投稿

休養は体を回復させる大切な要素

休養は体を回復させるための大切な要素です。

休養することで慢性的な運動傷害の予防や精神のマインドセットにも影響がでます。

  • 末梢性疲労と中枢性疲労の理解
  • 睡眠のすすめ
  • アクティブ-レストのすすめ
  • 入浴のすすめ

末梢性疲労と中枢性疲労の理解

疲労を末梢性疲労中枢性疲労の2つに分類することができます。疲労感の原因を知ることで、疲労感と上手く付き合えるようにします。

末梢性疲労
体を動かし続けると、筋肉に貯蔵されたエネルギーが枯渇します。強度の高い運動では筋肉のハリから体のダルさを感じます。それは末梢性疲労といいます。

中枢性疲労
精神的なストレスや緊張は視神経や脳の過度な活動によって起こります。脳を活動させるにもエネルギーが必要で、その代謝物として筋肉と同様に活性酸素が発生します。それにより、中枢性の疲労を感じたりします。

睡眠のすすめ

疲労を回復させるには質の良い睡眠をとることが大切です。適当だという時間を見極めて、睡眠を十分にとることを習慣化することで日々が整います。睡眠の質を低下させるのは、自律神経の調整と食事の消化不良による内臓の活躍、

アクティブ-レストのすすめ

肉体的な疲労
適度な運動により血液循環をよくすることで疲労の回復を早めます。軽いジョギングやウォーキング、ストレッチが最適です。

精神的な疲労
映画鑑賞やショッピング、ご自身がリラックスできる活動をします。減量など、食事の制限を設けている方はチートデイ(好きな物を食べる日)も計画的に設けていきます。

入浴のすすめ

筋肉疲労と精神的な疲労にとれも適しているのが入浴です。

肉体的な疲労に対して湯舟に張ったお湯に入ることで水圧によるマッサージを受けることができます。体が温まることで血管も広がり、血液の循環がよくなります。

精神的な疲労は、入浴は副交感神経を優位にさせます。自律神経を整え、疲労感を和らげます。

休養についての投稿