精神についての投稿

精神はパフォーマンスに影響を及ぼすのか?

スポーツ パフォーマンスに関係が深い3つの要素を解説します。

フィジカルコーチ<br>秋山拓実<br><a rel="noreferrer noopener" href="https://funfunfitness.jp/profile/" data-type="page" data-id="88" target="_blank">【Profile】</a>
フィジカルコーチ
秋山拓実
【Profile】

スポーツ パフォーマンスを上げる精神の要素

  • マインド セット
  • 主体的に取り組む
  • メンタル-マネジメント

マインド セット

マインドセットが実力発揮につながる!

マインド セットとは?
固定された考え方や物事の観方を指す言葉です。

  • 無意識の思考・行動パターン
  • 固定観念や思い込み
  • 物事を捉える時の思考の癖

これらをコントロールすることが実力発揮につながります。

主体的に取り組む

内発的動機づけと
外発的動機づけ

主体性とは
周囲の意見や第三者からの支持に頼らず、自分自身の考えを柱として問題に取り組む性質。主体性がある人は、自分が何をすべきか、自分が動いた結果どのようなリスクが考えられるかを分析し、行動に移せます。

主体的にトレーニングをおこなう動機づけを「内発的動機づけ」、指導者にやらされる場合の動機づけを「外発的動機づけ」といいます。

内発的動機づけから、トレーニングに取り組む状態が望ましいです。

メンタル マネジメントとは

思考と実力発揮の関係性

試合で実力を発揮するためには、実力の発揮を邪魔する要因をコントロールする必要があります。

「緊張」が実力を発揮できない要因となっている場合、思考をコントロールすることで緊張からも解放される。

思考をコントロールすることもスポーツ パフォーマンスを上げる要素です。

まとめ

スポーツ パフォーマンスは「運動」「精神」「栄養」「休養」の4つの要素で高まります。

その中で、「精神」の要素は強化しにくい要素です。つい、気合とか根性で精神の状態に向き合うことなく、それに蓋をしやすいです。

マインドセットをすることで、自分の思考の癖を修正することができます。強い気持ちが、体の動きにも関係します。

主体的に取り組むことで、日頃から質の高いトレーニングをすることができます。内発的な動機づけができるように働きかけます。

メンタル マネジメントが実力発揮を邪魔する要因を排除します。思考をコントロールする力が大舞台でも「緊張」なく、力を発揮することができます。

これらの要素がスポーツ パフォーマンスを高めてくれます。