栄養についての投稿

食事から栄養をとる目的はなにか?

フィジカルコーチ<br>秋山拓実<br><a rel="noreferrer noopener" href="https://funfunfitness.jp/profile/" data-type="page" data-id="88" target="_blank">【Profile】</a>
フィジカルコーチ
秋山拓実
【Profile】

食事から栄養をとる目的は何ですか?

美味しいものをお腹いっぱい食べたい!その欲求はだれもが持つものだと思います。

体が動かしやすくなる、体が大きくなる、胃腸の調子が良い。これらは、食物の栄養素を理解し、コンディションが上がる食事を習慣化することによって手に入れることができるものです。

このサイトで、そんな情報を発信していければと思います。

食事から栄養をとる目的は以下の3つです。

  • 体の成長を目的とした栄養
  • 運動前の蓄えとしての栄養
  • 運動後の回復としての栄養

体の成長を目的とした栄養とは

骨格や筋肉をつくる

スポーツ選手に関わらず、摂取した栄養が骨格をつくり、筋肉をつくります。

基本的な栄養素である「たんぱく質」「炭水化物」「脂質」をしっかり摂取することは、成長期のスポーツ選手にはとくに意識してほしいです。

運動前の蓄えとしての栄養とは

エネルギーを貯蔵

持久力の運動種目は試合の前に筋肉中にエネルギーを蓄える必要があります。

糖質は筋肉中にグリコーゲンとして貯蔵され、運動時にエネルギーとして使われます。糖質の摂取を十分にするために、食事の回数を増やしたり、補食を小まめします。

瞬発力の運動種目の場合はクレアチンやアミノ酸をサプリメントとして摂取することもオススメします。

スポーツドリンクでの補給は、体への浸透も早く、水分に合わせて糖質や電解質、アミノ酸などの補給を簡単におこなわれます。

運動後の回復としての栄養とは

エネルギーの補給で体の組織を再生

運動後は素早い補給が大切です。

筋肉の分解を止めるこが、以降のコンディショニングの差になります。基本的な「糖質」「炭水化物」「脂質」を意識して摂取するようにします。

まとめ

スポーツ パフォーマンスを向上させるのが「運動」「精神」「栄養」「休養」の4つの要素です。

その中で、大切だとわかっていながらも、なかなか取り組めないのが「栄養」の要素だと思います。食事で良いものを摂取しようとしたら、費用がかかることも見逃してはいけないところです。自分には何が必要なのか、知識も必要になります。そんなこともサイトを通じて知っていただけたらと思います。

フィジカルコーチ<br>秋山拓実<br><a rel="noreferrer noopener" href="https://funfunfitness.jp/profile/" data-type="page" data-id="88" target="_blank">【Profile】</a>
フィジカルコーチ
秋山拓実
【Profile】

食事をとり栄養を摂取する目的は3つあります。

  • 体の成長を目的とした栄養
    食事を体が吸収して、骨格や筋肉をつくります。
  • 運動前の蓄えとしての栄養
    身体活動のエネルギー源として使われます。
  • 運動後の回復としての栄養
    消耗したからだの早い回復を助けます。

栄養の知識を得て、実践することでスポーツ パフォーマンスが変わります。

良いコンディションで試合を戦える。良いコンディションで練習ができる。それを可能にしてくれるのが「栄養」の要素です。