FUN FUN FITNESS

このサイトは、スポーツ選手の競技力が向上する【スポーツ-パフォーマンス理論】をフィジカルコーチ秋山拓実が発信しています。

フィジカルコーチ<br>秋山拓実<br><a rel="noreferrer noopener" href="https://funfunfitness.jp/profile/" data-type="page" data-id="88" target="_blank">【Profile】</a>
フィジカルコーチ
秋山拓実
【Profile】

運動で「日本を活気づける」を仕事にしています!

取り組んでいるスポーツ競技力が、なかなか上達しないと悩んでいませんか?

スポーツの競技力を上達させるには、フィジカル-トレーニングと競技の技術練習に取り組む必要があります。

私は運動の指導を20年していて、フィットネスクラブやスポーツチーム、治療院などで活動しています。スポーツ-パフォーマンス理論を自ら実践することで、いつも体の調子を良い状態に保っています。

自己流のトレーニング方法ではフィジカル-トレーニングの効果はあらわれにくいです。過負荷により怪我の原因にもなります。

このFUN FUN FITNESSで発信する、スポーツ-パフォーマンス理論を参考に、競技の特性にあったトレーニングを実施して下さい。

▼▽▼こんな方の助けになれば嬉しいです▼▽▼

競技力が上達しないと悩んでいる方
トレーニング方法に困っている方

トレーニングについて質問は、お問い合わせからお願いします。

SNSのDMからでもOKです!

\何をお探しですか?/

\おすすめの投稿/

スポーツ-パフォーマンス理論とは?

競技力の上達にはスポーツ-パフォーマンス理論に基づいたトレーニングを実施します。

スポーツ-パフォーマンス理論は運動、精神、栄養、休養の4つの要素からつくられます。

スポーツパフォーマンスをあげる要素!運動、精神、栄養、休養

スポーツ-パフォーマンスを上げる
\4つの要素のページへ/

フィジカルコーチ<br>秋山拓実<br>
フィジカルコーチ
秋山拓実

それぞれの要素を解説していきます。

運動の要素

練習時間の大半を競技に特化した技術練習に使っていませんか?

もちろん技術練習は大切です。しかし、スポーツのパフォーマンスを向上させるには、パフォーマンス-ピラミッド全体を大きくする必要があります。

パフォーマンス-ピラミッドは「専門体力」「競技体力」「基礎体力」の3つ体力要素から構成されています。

パフォーマンスピラミッド
専門体力
競技体力
基礎体力

パフォーマンス-ピラミッドを構成する
\ 3つの体力要素 /

  • 専門体力
    競技は同じでも、ポジションによって役割は異なり、必要とする能力は特異的なものになります。
  • 競技体力
    競技によって必要となる体力要素は異なります。手を使う競技、足を使う競技、コートの大きさに合わせて力をつけます。
  • 基礎体力
    競技種目に関係なく、スポーツ全般の能力を指します。基本的な走る能力やジャンプする能力はどの競技でも共通して取り組みたい要素です。

詳しくは【運動】のページへ移動
(サイト内リンク)

精神の要素

精神の状態がスポーツのパフォーマンスや成果に影響を及ぼします。

筋力トレーニングで体を鍛えるように、精神も強くできるのでしょうか?まずはパフォーマンスに影響を及ぼす精神の状態を知り、メンタル-トレーニングに取り組んでいきましょう。

精神がパフォーマンスに影響を及ぼす
\ 3つの要素 /

  • マインド-セット
    「無意識の思考・行動パターン」「固定観念や思い込み」「物事を捉える時の思考の癖」を知り、マイナスの思考をプラスの思考へ変換させていきます。
  • 主体的に取り組む
    自分の考えや判断をもとにして実行する性質です。行動には自発的な内発的動機づけからの行動と、外部からの影響による外発的動機づけがあります。
  • メンタル-マネジメント
    「自律神経のコントロール」や「動作のルーティーン化」、「思考の変換」で高いパフォーマンスを発揮できる精神の状態へ調整します。

詳しくは【精神】のページへ移動
(サイト内リンク)

精神に関係する投稿

スポーツ-パフォーマンスを上げる
\ 精神の投稿へGO /

栄養の要素

「お腹が空く」のは体が栄養を欲している生理現象と言えます。生命活動を維持するためにエネルギーとなる栄養を摂取します。そして、スポーツ選手は高いパフォーマンスを発揮するために、積極的に栄養を取り入れたいです。栄養をとる目的はなにか?

スポーツ選手が栄養をとる
\ 3つの目的 /

  • 体の成長を目的とした栄養
    身長の伸び率の高い小・中・高校生年代はスポーツの活動で消費するエネルギーと共に体の成長に必要なエネルギーを摂取する目的があります。
  • 運動前の蓄えとしての栄養
    スポーツの活動エネルギーとして体に蓄えられます。運動強度に応じて使われるエネルギー要素の比率は異なりますが、スポーツをするときに筋肉や血液に十分なエネルギーを蓄えた状態が高いパフォーマンスを出せる状態です。
  • 運動後の回復としての栄養
    スポーツ後は脳や筋肉のエネルギーが枯渇した状態です。速くエネルギーを補給することが、筋肉の分解を防ぎ、継続して高いパフォーマンスを発揮する秘訣です。

詳しくは【栄養】のページへ移動
(サイト内リンク)

休養の要素

休養は体を回復させ高いパフォーマンスを発揮するために大切な要素です。

計画的にトレーニングをするように、休養も計画的にとるようにします。試合が集中する時期やよりパフォーマンスを高くしたい時期から逆算する考えが必要です。そして、日々のトレーニングの質を上げるためにも、休養によって体のコンディションを整えます。慢性的な運動傷害の予防や精神のマインドセットにも影響があります。

  • 末梢性疲労と中枢性疲労の理解
    「疲労」とは何か?筋肉の疲労は運動の活動を低下させます。脳の疲労は思考を低下させます。どちらも高いパフォーマンスの妨げになります。
  • 睡眠のすすめ
    睡眠は体を休める目的の他に、脳を休める目的があります。十分な睡眠が高いパフォーマンスに関係します。
  • アクティブ-レストのすすめ
    軽めの運動は血液の循環をうながし、体のコンディションを上げます。体を強くするトレーニングと体を整えるフィットネスの考えを大切にしましょう。
  • 入浴のすすめ
    お風呂に入ることは体にも精神的にも良い効果があります。水圧が体をマッサージし血流を促進させます。副交感神経が優位になることからリラックス効果が高いです。

詳しくは【休養】のページへ移動
(サイト内リンク)

休養に関係する投稿

準備中

    スポーツ-パフォーマンスを上げる
    \ 休養の投稿へGO /