パフォーマンス理論を知ることで【サッカーが上達する】3つの理由

スポーツパフォーマンス理論

このページは
スポーツ-パフォーマンス理論を知ることでサッカーが上達する3つの理由を解説します。

サッカーの競技力を上達させようとフィジカル-トレーニングに励んでいても、なかなか効果が出ないと悩んでいませんか?

競技力を向上させるには、フィジカル-トレーニング以外の要素も大切で、体を休めることがサッカーが上達する近道になることもあります。

スポーツ-パフォーマンスを上げる「運動」「精神」「栄養」「休養」4つの要素のバランスがとれていることでサッカーが上達します。

スポーツ-パフォーマンスを上げる
\ 4つの要素へGO /

私はスポーツ選手の指導をさせていただきながら、フィットネスクラブでインストラクターとして活動しています。インストラクターの業務では、大汗をかきながらグループ-レッスンを担当しています。

大変な肉体労働ですが【スポーツ-パフォーマンス理論】を体現することで、いつも高いパフォーマンスを発揮できています。

フィジカルコーチ<br>秋山拓実<br><a rel="noreferrer noopener" href="https://funfunfitness.jp/profile/" data-type="page" data-id="88" target="_blank">【Profile】</a>
フィジカルコーチ
秋山拓実
【Profile】

トレーニング指導歴20年
スポーツ-パフォーマンス理論を体現!

このページでは
スポーツ-パフォーマンス理論を知ることで、サッカーが上達する3つの理由を解説しています。

このサイト【FUN FUN FITNESS】から、サッカーが上達する【スポーツ-パフォーマンス理論】を知り、実践してみてください。

▽▼ ▽▼ ▽▼ ▽▼ ▽▼ ▽▼ ▽▼
スポーツ-パフォーマンス理論についてはサイトのフロントページへ(内部リンク)
▲△ ▲△ ▲△ ▲△ ▲△ ▲△ ▲△

パフォーマンス理論を知ることでサッカーが上達する3つの理由

スポーツ-パフォーマンス理論を知ることで慢性障害の予防に効果があります。試合や練習ではパフォーマンスの良し悪しを理論的に分析できるようになります。また、プレーの課題に対して目的に合わせたトレーニング-メニューを構成することができます。

スポーツ-パフォーマンス理論を知ることで、サッカーが上達する3つの理由を解説していきます。

スポーツ-パフォーマンス理論を知ることで
\サッカーが上達する3つの理由/

  • 慢性障害の予防
  • パフォーマンスを理論的に分析できる
  • 目的に合ったトレーニングを構成できる

慢性障害の予防

 スポーツ-パフォーマンス理論を知ることで、慢性障害の予防になります。

慢性障害とは
ランニングやジャンプを長時間くり返すことで発症しやすく、オーバートレーニング症候群ともいわれます。

慢性障害が発生している状態は、パフォーマンスピラミッドが崩れた状態だといえます。基礎体力の欠如からパフォーマンスピラミッドが崩れる場合があります。基礎体力を向上させることで

\整ったピラミッド構築が大切/

基礎体力の欠如からパフォーマンス-ピラミッドは崩れる図

慢性傷害は、地面の硬さやシューズなどの環境の問題からも影響も受けますが、個人の原因として筋力不足筋力のバランス、疲労からの筋肉緊張姿勢不良などが個人の原因となります。

\症例の多い慢性障害/

ジャンパー膝

膝蓋靭帯の炎症が原因で、膝蓋骨の下に痛みがでる傷害です。ジャンプ動作をくり返すことで発症することが多いです。

腸脛靭帯炎(ランナー膝)

腸脛靭帯が大腿骨外側上顆を通り、摩擦によって炎症がおこりやすい。陸上の長距離選手に発症することが多いです。

足の慢性障害

足の慢性傷害には、種子骨障害、外脛骨障害、足底筋膜炎などがあります。スポーツ競技で衝撃が続くと足の骨や靭帯に疼痛が発生します。

パフォーマンスを理論的に分析できる

サッカーパフォーマンス

スポーツ-パフォーマンス理論を知ることで、プレーの良し悪しを理論的に分析できるようになります。理論的に分析することが良いプレーを再現する回数を増やします。

試合の勝敗が全ての評価ではないです。選手本人が感じることですが、

試合に負けてもパフォーマンスが良く感じるときがあります。

試合に勝ってもパフォーマンスが悪く感じるときがあります。

必ずしも試合結果とプレーの良し悪しは結び付きません。

パフォーマンスが良かった時も、悪かったときも、それを理論的に分析できるかが大切です。その経験をスポーツ-パフォーマンス理論と結び付けて蓄積させることが、再現性をうみます。

フィジカルコーチ<br>秋山拓実<br><a rel="noreferrer noopener" href="https://funfunfitness.jp/profile/" data-type="page" data-id="88" target="_blank">【Profile】</a>
フィジカルコーチ
秋山拓実
【Profile】

再現性のある高いパフォーマンスが競技力が上達した状態です!

各要素の成功例

スポーツ-パフォーマンス理論を実践し、その成功の積み重ねが高いパフォーマンスの再現性をうみます。

「運動」の要素 成功例

モビリティートレーニングから股関節の安定性が感じられ、無理な体勢からでもシュートが打てた。

モビリティーから股関節の安定性

「精神」の要素 成功例

プロ選手の動画を観て、良いプレーのイメージ-トレーニングができた。

イメージトレーニングから良いパフォーマンス

栄養の要素 成功例

ナトリウムとアミノ酸を試合前に多く摂取したことで、筋肉疲労を抑えられた

スポーツドリンクを飲んで良いパフォーマンス

休養の要素 成功例

試合前に適当な睡眠がとれて頭がスッキリしていた。

試合前に睡眠が十分で頭がスッキリ

高いパフォーマンスの要因となった栄養、精神、栄養、休養を再現性のあるものにしていきます。

目的に合ったトレーニングを構成できる

トレーニング動画

スポーツ-パフォーマンス理論を知ることで、目的に合ったトレーニングを構成できる。

練習メニューやトレーニング方法は偏りやすいです。それは、トレーニングすることが目的になっている場合があります。

トレーニングは手段であって、目的を見失わないことが大切です。

数あるトレーニング方法から目的に合ったトレーニング方法を選択する必要があります。その選択ができるか否かはスポーツ-パフォーマンス理論を知っているかどうかです。

\目的別のウェイトトレーニング/

目的別のウェイトトレーニング
最大筋力の向上
筋肉量の増量
筋持久力の向上

ウェイト-トレーニングでも最大筋力を向上させるもの、筋肉量を増やすもの、筋持久力の向上を目的とする方法とトレーニング方法は異なる。

まとめ

今回はスポーツ-パフォーマンス理論を知ることでサッカーが上達する3つの理由を解説しました。

コーチやトレーナーがトレーニング-メニューを作成している場合でも、スポーツ-パフォーマンス理論を知っていることにより、主体的にトレーニングに取り組むこともできます。

選手自身がスポーツ-パフォーマンス理論を知ることで、トレーニングの質は大きく変わります。

スポーツ-パフォーマンス理論を知ることで
\   競技力が上がる3つの理由   /

  • 慢性傷害の予防
  • パフォーマンスを理論的に分析できる
  • 目的に合ったトレーニングを構成できる

これらのことから競技力が上がります。

このサイト(FUN FUN FITNESS:リンク)でスポーツ-パフォーマンス理論の知識を増やして下さることを願います。

コメント