スポーツ選手必見!SAQ(スピード/アジリティー/クイックネス)が勝負を決める!

スポーツパフォーマンス理論

フィジカルコーチをしている秋山拓実です。

フィットネス愛好家の方やスポーツ競技をしている方のスポーツ パフォーマンスを上げる情報を発信しています。

スポーツ競技では、速く動くことが勝負を決める要素です。

フィジカルコーチ<br>秋山拓実<br><a rel="noreferrer noopener" href="https://funfunfitness.jp/profile/" data-type="page" data-id="88" target="_blank">【Profile】</a>
フィジカルコーチ
秋山拓実
【Profile】

タイムを競う競技では、スピードの要素が直接関係し、バスケットやハンドボールは小さなコートで戦うスポーツなので、俊敏(しゅんびん)性に大きく関係します。

トレーニングをサポーツしている選手からは、トレーニング方法の質問も多く受けます。

トレーニングの方法に困っていませんか?

今回はスピードと俊敏性の要素、スピード・アジリティー・クイックネス【SAQ】トレーニングを解説します。

日頃のトレーニングに役立てていただければと思います。

関連ページとしてこちらもオススメします。
▼▽内部リンク▽▼
【走りが速くなる】スプリントトレーニング|インターバル走3つのポイントをフィジカルコーチが解説
▼▽内部リンク▽▼
【サッカーの試合で走り勝てる】インターバル走の4つの効果を解説

SAQトレーニングとは

Speed最高速度
Agility敏捷性
Quickness素早さ

Speed Agility Quicknessの頭文字をとってSAQトレーニングといい、競技特性に合わせた走りを高めるトレーニングです。

持久力を高めるトレーニングと違い、爆発的なエネルギーで体を動かし、目的によってエネルギーの供給が変わります。

エネルギー供給について詳しくはこちら
▽▼内部リンク▼▽
ATP(アデノシン3リン酸)を再合成させる、3つのエネルギー供給機構を簡単に解説

フィジカルコーチ<br>秋山拓実<br><a rel="noreferrer noopener" href="https://funfunfitness.jp/profile/" data-type="page" data-id="88" target="_blank">【Profile】</a>
フィジカルコーチ
秋山拓実
【Profile】

走りを3種類に分解することができます!

  • Speed(スピード) 最高速度
  • Agility(アジリティー) 敏捷性
  • Quickness(クイックネス) 素早さ

それぞれを解説していきます。

Speed(スピード)最高速度

SAQトレーニング
スピード

目的地までの重心移動の速さを指します。

陸上競技の100m走はその要素を測定した競技といえます。

球技は、ボールが追いかける場面が多く、目的地への距離も方向も変化します。

Agility(アジリティー)敏捷(びんしょう)性

SAQトレーニング
アジリティー

方向転換を使う目的地までの移動を指します。

足裏の体重移動や足首、膝、股関節の関節の連動を上手くコントロール必要があります。

Quickness(クイックネス)素早さ

SAQトレーニング
クイックネス

静止動作から加速の断続的な反応。

刺激に対応して反応する必要があります。

静止動作からの動き出し、全力疾走からの急停止。

右移動か左への移動か、体のコントロールと筋力との関係があります。

トレーニングツールを使ってSAQを高める方法

トレーニングツールを使ってSAQを高める方法
走っりの分解でスプリント力を上げる!

SAQ(スピード、アジリティー、クイックネス)をスポーツの場面で高めたい場合、その競技を反復することで高められます。

しかし、100m走を1日に何本も走ることはできません。

走る動作を部分別に抜き出して、トレーニングしていきます。

抜き出してトレーニングするには、ツールを使うことをオススメします。

関節の可動域や足の回転を速める為にはミニハードルやラダーを使います。

重力に対して負荷を加えることで、筋の出力を上げることを狙えますが、バーベルを担いで走ることはできないので、チューブの張力で負荷を加えるハーネスを使います。

ミニハードル

ミニハードル
▼▽楽天市場での購入はこちら▽▼

amazonでミニハードルを購入する方はこちら

足のスネの高さにハードルを設置しているので、股関節から脚を引上げる/引き下ろすを素早くおこなっていきます。

足の回転が速くなることで、スプリントのスピードが高まる可能性があります。

ラダー

ヘキサゴンラダー
▼▽楽天市場での購入はこちら▽▼

amazonでヘキサゴンラダーを購入する方はこちら

※チームで使う場合、ラダーの捻じれから使いにくい場合があるのでプラスチック製のヘキサゴンラダーがオススメです。

等間隔に並んだハシゴに素早く足を運んでいきます。

ステップの種類に変化を加えることで、横移動や後ろ移動などの、実際のプレイに近づけた動作を習得することができます。

ハーネス

▼▽楽天市場での購入はこちら▽▼

進行方向とは逆の抵抗を加えることができます。

ベルト以外にチューブを使うことで、チューブの張力を抵抗にした動作練習が可能です。

抵抗に拮抗して力を発揮するので、ハーネスを外した状態ではトレーニング前よりも力が発揮されます。

まとめ

今回はSAQトレーニングについて解説をしました。

フィジカルコーチ<br>秋山拓実<br><a rel="noreferrer noopener" href="https://funfunfitness.jp/profile/" data-type="page" data-id="88" target="_blank">【Profile】</a>
フィジカルコーチ
秋山拓実
【Profile】

SAQトレーニングとはSpeed Agility Quicknessの頭文字をとってSAQトレーニングといいます。

  • Speed(スピード)
    目的地までの最高速度を意味します。
    前方向に限らず、横や斜め方向のスピードもスポーツの場面では重要になります。
  • Agility(アジリティー)
    方向転換などの体の使い方を意味します。
    関節と筋肉を上手く使い、全身を連動させることが重要です。
  • Quickness(クイックネス)
    静止動作から加速の断続的な反応を意味します。スポーツの場面では相手に合わせてリアクションの動作が重要です。

それらを高めるために競技特性を考慮し、競技の一部分を抜き出したトレーニングが必要になります。

それにはトレーニングツールを使うことをオススメします。

ラダーやミニハードルを使うことで、股関節の可動域を広げたり、足の回転を速くする効果があります。

また、ハーネスを使うことで抵抗を加えながら動作練習をすることが可能です。

ぜひ、トレーニングに取り入れてみてください。

コメント